7月20日はすもも祭り!

おはようございます!

7月の20日(金曜)は府中市大國魂神社にて【すもも祭り】が開催されます!

京王線府中駅 伊勢丹側の改札出たところすぐに大きなからす団扇が飾ってありますので思わずパシャリ。

からす団扇の起源を調べていたら、

ーーーーーーーーーーーーーー

 大地主神(おおとこぬしのかみ)が田植えをするので、早乙女や田夫達の労を

 ねぎらう為に牛肉(※)をご馳走したら、それを見てた御歳神の御子が激おこ。

 帰って上司の御歳神(みとしのかみ)に報告。御歳神も激おこ。

 その後田んぼがイナゴテロにあった。

 

 なんでこんな事に・・・ショックの大地主神が卜者(占い師)に相談。

 そしたら「これは御歳神の崇りであるから宜しく白猪、白馬、白鶏を献じて

 お詫びするのがよろしい、されば怒りも解けるであろう」

 アドバイス通りにしたら、怒りもおさまって

 さらに虫を駆除する方法とか教えてくれた。

 その中のひとつが「からす団扇をもって扇げ」だったのです。

 

出典 大國魂神社ホームページにて

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

っていう伝説を発見しました。

神様なのに人間くさいところありますよね。

・・・でもね、イナゴは、ないと思うよ。うん。この時の大地主神の気持ちを考えると胸が痛くなります

御歳神も、さすがにやりすぎたと感じたのでしょうか??

その後のフォローも秀逸です。

今年は大地主神の事を考えながらからす団扇を扇いでみませんか?

 

※明治に入るまでは、鳥以外の肉を食することを嫌っていた。

 

 

ランキング参加中です!

気に入ってくれたら ポチお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.