おかしの家 第六話 感想

おはようございます。よく晴れた清々しい朝ですね。

忙しかったので、おかしの家の第六話は昨日見ました。

今までの展開からすると・・・嘘のようなSF・コメディな感じで別の番組を見ているようでした。

偶然「天使」に会う展開、天使を捕まえよう!という展開、天使の声がでるようになる・・・どうも現実離れしていますが、何かをきっかけに!!浮上したい!!と思うのは誰でも同じ。特に登場人物達は閉塞感満点ですからね。今回は風呂屋を閉めた島崎(嶋田久作)は高齢でもあり、就職活動苦戦していますしね。

今回は駄菓子屋さんはあまり話題になりませんでした。ちょっと残念な回ですが中だるみを無くすための展開だと思って、来週に期待します!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.