クリスマス天体観望会(2015年12月19日開催)

昨晩、恒例のクリスマス天体観望会を開催いたしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
駄菓子屋なまあずと観望会会場

昨年は道路で行ったのですが、今年は隣地の駐車場に望遠鏡を据え付けました。北風が強いのでこちらにしたのですが、安全で良かったです。次回からもこちらでやろうと思います。今回使用の機材は、25センチ反射望遠鏡と、6センチ対空双眼鏡です。主に月面を観察!ということでしたが、非常に空気が澄んでいて逆に月明かりが邪魔・・・という残念な状況に。

たくさんの人で賑わう会場
たくさんの人で賑わう会場

さて、スタート前から駄菓子屋さんのお客様で見たい!という要望が高く、早めにスタート。順調な開始。その後も常連客さんを始め、近所の方、とたくさんの方に月を見てもらいました。街中の地べたで行う観望会では珍しい、大口径25センチ反射望遠鏡、接眼レンズも8月発売されたばかりの広視界アイピースSSW10(83度)を使用したため、120倍という高倍率で、月面全景を見渡せました。観望会用の接眼レンズは目を離しても覘けるタイプが多いので、子どもたちも覘きやすかったようです。

月面
月面

スマートフォンなどお持ちの方は、写真撮影にもチャレンジできます。上の写真はコンパクトデジカメで望遠鏡をのぞき込んで撮影したもの。スマートフォンでも撮影できます。

月面強拡大
月面強拡大

風が強くて細かい模様は見えませんでしたが、子ども達は、「何で揺れているの?」とか「思ったより動きが早い!」とか、いろいろ質問や気がついたことが多かったようです。動いた月に追従して視界に見事導入した子どももいました。

駄菓子屋なまあずも通常より延長し20時まで開いていたので、いつも来れない方や、たまたま通りかかって開いているから立ち寄ったというお客様もいらっしゃりました。次回の23日もお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.