駄菓子・駄菓子屋年表

駄菓子がいつ頃から発売されているの??という質問が多いので、駄菓子屋なまあず的にゆるくまとめていきます。勝手に時代も作っていきます。

工事中・随時更新していきます。古い資料やWEBを参考にしているので、必ずしも正確な内容・年ではない可能性があります。予めご了解ください。年代分類は、駄菓子屋なまあず分類要項(非公式)によります。

目次

全体の解説

ここでは、駄菓子と駄菓子屋について、書籍やネットの情報を元にまとめています。よって正確でない可能性もありますが、できるだけ複数の情報源を用いて精度の向上に努めています。

江戸時代前

前史として概要をまとめました。

その起源は、江戸時代に、雑穀類や水飴を練って間食として利用されたもののようで、当初は一文菓子と呼ばれていたそうです。

駄菓子という名前が出てきたのは、18世紀前半。上菓子(高級菓子)に対称的な意味で付けられたようです。上菓子とは、砂糖を使い、駄菓子は黒砂糖やザラメのように使っている材料が違ったようです。

全国的に広がった物以外にも、地域限定で広がった郷土菓子が駄菓子として定着したり、後に全国に広がったものもあります。

明治大正昭和前半

1913年 森永キャラメル
1921年 カルミン
1924年 ボンタンアメ
1927年 サイコロキャラメル
1933年 ビスコ

昭和恐慌から、紙芝居屋の台頭で、見物料を取る代わりに飴や駄菓子を売る文化が定着。
昭和前半に、懸賞駄菓子の検挙相次ぐ。
オマケ付き菓子、あたりクジなど台頭

代表的な駄菓子:森永キャラメル・ボンタンアメ

戦中

海外からの砂糖の輸入が始まると砂糖菓子が発展。
しかし戦中に、砂糖配給制実施などもあり、衰退。

黎明期(戦後:1945~1958)

1947年 元祖ジャム菓子・梅ジャム(梅の花本舗)
1948年 ココアシガレット
1949年 シマダのラムネ菓子
1951年 パインアメ
1953年 大当ガム、パラソルチョコレート
1955年 前田のクラッカー、カタヌキ、ビンラムネ、耕生のフルーツ引(糸ひきあめ)
1957年 さくら大根

戦後、物が少なかった時代に、楽しみだったお菓子です。特にGHQが配った(背景は省略)チョコやガムに憧れをもった子供も多かったといいます。駄菓子メーカーがたくさんできました。その中の一部は現存しています。第1次ベビーブームにより、子どもが一気に増え発展していきます。まだ現在に通じる工業的な駄菓子は少ないですが、パッケージではない駄菓子が駄菓子屋で販売され、大当ガムなど当たり付も含め、1950年代が駄菓子屋全盛期となります。ココアシガレットがたばこをモチーフとした秀逸なデザインでした。特に1952年に砂糖の配給制が終わり、徐々に甘めの菓子が増えてきます。

代表的な駄菓子:ココアシガレット、パインアメ、さくら大根、カタヌキ、元祖ジャム菓子

成長期(1959~1969)

1959年 ベビースターラーメン・オレンジマーブルガム
1960年 梅ミンツ
1961年 モロッコヨーグル
1962年 チロルチョコ
1963年 フエガム・クッピーラムネ
1964年 チョコバット
1965年 チョコボール、コーラシガレット
1966年 前田のクラッカー

1959年に後の代表的な駄菓子となるベビースターラーメン(当時はベビーラーメン)とオレンジマーブルガムが発売される。この時期によっちゃん食品工業や、やおきん、チーリンなど後に大きな力を持つ個性的な駄菓子メーカーが創業している。砂糖の普及により甘めの菓子やチョコ系の駄菓子も増え始める。これまでの駄菓子と異なり、工業的で近代的なパッケージの駄菓子が登場してきます。反面、高度経済成長により、物価の急上昇もあり独立した駄菓子屋が衰退していきます。1965に後に駄菓子屋店頭でブームになるガチャガチャの第1号が上陸。専業主婦が増え、生活スタイルや考え方も変わってきます。

代表的な駄菓子:オレンジマーブルガム、ベビースターラーメン、モロッコヨーグル、チョコバット

新味覚期(スナック菓子・チョコ台頭:1970~1975)

1970年 もちにっき
1973年 森永ラムネ
1974年 FELIXフーセンガム

キャラメルコーン、サッポロポテト、キットカットなど、現在に通じる美味しいお菓子が普及し、駄菓子の地位が急速に低下。駄菓子も低価格なだけでなく味を考えなければならなくなった時期。第2次ベビーブーム、自動車の普及、コンビニの台頭により、駄菓子屋が更に減少する。

代表的な駄菓子:むぎチョコ、フエラムネ、梅ミンツ 代表的な菓子:キャラメルコーン、サッポロポテト、キットカット、小枝

マーケティング期(デザイン性・ネーミング重視:1976~1979)

1976年 餅太郎、セコイヤチョコレート
1977年 カットよっちゃん
1978年 ホームランガム、ミニコーラ
1979年 うまい棒サラミ味(うまい棒)

豊かな時代を象徴して、個性的なネーミングの菓子が急増する。そのスタートは1975年のきのこの山から。この時期から駄菓子勢から、餅太郎やカットよっちゃんなど、味を重視したものがでてくる。何かをマネした駄菓子が増え始める。そして1979年、おいしくなった菓子に対抗できる価格と味をもった、うまい棒が発売される。

代表的な駄菓子:パイポチョコ、ホームランガム、ミニコーラ 代表的な菓子:きのこの山、ハイチュウ、たべっ子どうぶつ、パイの実

複合期(販売場所の拡大:1980~1989)

1980年 うまい棒チーズ味、アワモコモコ
1981年 キャベツ太郎
1982年 蒲焼さん太郎
1983年 スモカップ
1985年 フルーツの森、どんぐりガム
1986年 スーパービッグチョコ
1987年 あわ玉
1989年 ヤングドーナツ

ゲームセンター、ガチャガチャ、メダルゲームなどとともに、駄菓子の販売場所が増える。特に1980年代に全盛を迎えるコスモスのガチャガチャは、子どもたちが駄菓子屋に行く大きな目的にもなった。第2次ベビーブームもあり駄菓子が売れる。うまい棒や丸川のガム、キャベツ太郎が人気を集める。現在主流の国産駄菓子がほぼ出揃う。一般の菓子も、おっとっとやコアラのマーチ、カラムーチョなど現在も人気のお菓子が出揃った。コンビニや複合店が増えたことにより、駄菓子の新製品は価格が高めだが、独自性の高く個性的な、あわ玉、BIGカツ、スーパーBIGチョコ、ヤングドーナツなどが発売された。

代表的な駄菓子:うまい棒、キャベツ太郎、スーパービッグチョコ、ビッグカツ、ヤングドーナツ 代表的な菓子:おっとっと、カラムーチョ、コアラのマーチ

低迷期(特殊系駄菓子の台頭:1990~1999)

1990年頃 タラタラしてんじゃね~よ、ウメトラ兄弟
1992年 うまい棒ポタージュ味
1993年 ガブリチュウ、超ひもQグミ、ブタメン
1994年 ブラックサンダー、らあめんババア
1996年 キャンディーボックス
1999年 うまい棒チキンカレー味

消費税3%がスタート。小さな駄菓子屋は大きなダメージを受け閉店が相次ぐ。丸川のマーブルガムが10円から20年になったのもこの頃。ココアシガレットも値上げされた。相変わらずうまい棒は人気があり、多数のバリエーションが増えたが、ポタージュ味など以外は定着しなかった。コンビニ・スーパーでの通常の菓子のシェアが増えて、駄菓子の新製品もほとんど登場しなくなった。

代表的な駄菓子:ガブリチュウ、超ひもQグミ、ブラックサンダー、キャンティボックス

チェーン店期(以降の駄菓子・駄菓子屋の急速な減少:2000~2012)

2000年 チョコエッグペット動物シリーズ
2004年 国産卵黄かぼちゃボーロ
2005年 タラタラスティック、もちもちきなこ、にぎれるスティックボーロかぼちゃ
2009年 うまい玉カルシューチョコ味
2010年頃 ロールキャンディー
2012年 マヨたら、うまい輪

おかしのまちおかが1997年にオープンしました。出店が多くなったのは2000年代に入ってから。駄菓子をコンビニやスーパーなどで販売が拡大。大規模店舗に駄菓子屋が入ることも多くなりました。懐古主義で駄菓子文化が見直されてきた時期と重なります。そのため、うまい棒など知名度の高い駄菓子は売れ続けることに。この頃から海外生産の駄菓子が増えてきました。また大人が懐かしがって購入することが増え、子供が買いに行く、という文化は徐々に少なくなっていきました。

代表的な駄菓子:もちもちきなこ、ガリボリラーメン、うまい玉カルシューチョコ味、ロールキャンディー、ココビス

絶滅危惧期(2013年~:輸入駄菓子の台頭と原料価格の高騰で駄菓子自体が減少)

2014年 へんそうチョコ、プレミアムうまい棒、わたゴン
2017年 フルーツ棒、イケ麺サンダー
2018年 マイコス、キャンディーソースボックス、うまい棒レモンスカッシュ
2019年 リッチな牛カツ屋さん

原料の高騰、後継者不足、人件費高騰など、そもそも薄利多売だったこの業界も、駄菓子屋だけでなく、駄菓子メーカーも影響が大きくなり、生産中止になるものが増えた。海外生産の駄菓子も、ベストセラー化したものが増えてきて、商品構成が久しぶりに変動することに。ポリッキー、なが~い メジャーいか、サイダーグミ、ロールキャンディは中国製。駄菓子屋なまあずで人気商品の焼たらは、マレーシア製です。1.2.3snackもマレーシア製。モグチューは、韓国製、サワーペーパーキャンディはタイ製です。国内流通する駄菓子の1~2割は海外製造品になりました。一方、プレミアムうまい棒のように、値上げという形を取らず、付加価値で値段を上げる商品も出てきました。

特に2013年、ポテトスナックが終了したころから、販売終了に関しての噂が増え始めたような気がします。2017年の梅ジャム終了は、オークション等で高値で販売されたりもして大きな話題となりました。また超ひもQグミ(2019販売終了)、サイコロキャラメル(2016一般販売終了)、トンガリ菓子(2018販売終了)も。一般の菓子も、カール、ピックアップ、ポポロンなど販売終了になる駄菓子が増えました。

代表的な駄菓子:プレミアムうまい棒、わたゴン、マイコス

 

駄菓子・駄菓子文化研究、文献紹介・考察

2017年8月20日の日経新聞記事にて、経済産業省によると、駄菓子屋など菓子小売業の2014年の事業所数は一万4千箇所、20年間で7割以上減少したそうです。変わって台頭したのがコンビニエンスストア。

2011年 駄菓子屋の現状と課題ー子供のコミュニティ掲載についてー 前川奈菜子

商業統計表によると、昭和47年時には13万店ほどあったが、その後右肩下がりで事業所数が減って平成19年には2万店ほどになっているようです。団塊の世代が購入することによって昭和30年頃、販売量が増加し、駄菓子屋メーカーも家内生産工業から工業生産企業へ変化していった。1980年代から販売量が減り減少傾向。

昭和60年代から、駄菓子店の商品施設、ショッピングセンターへの入店、20~30年代を中心に支持(子供ではなくなってきた)、多店舗展開

参考文献・WEBサイト

・改定版 まだある。(大空ポケット文庫)
・昭和こども新聞(昭和21年~37年) (日本文芸社)