【水玉ケース】紙せっけん【レトロかわいい】

おはようございます!

花粉症の人には辛い季節になりました。暖かくなるのは嬉しいのですが鼻水が止まらなくなるのはつらいです。

コロナウイルスの影響で大型イベントの開催が延期や中止なっています。おこし型教室も中止になりましたし残念な事です。

今日は【しろうさぎの紙せっけん】のご紹介です。

昭和20年に女子の間で流行ったらしいと噂を聞きました。

昭和20年・・・第二次世界大戦が終結した年であり世界的に重要な年です。

調べた結果、このしろうさぎの紙せっけんが当時販売されていたかどうかは不明です。いつ頃販売されたのかも不明です。ポップ自体は昭和50年くらいかな。歴史を感じるんだけど。

赤と白の水玉模様のケースに入っていて、デザインがとってもかわいいのがポイント!

 

蛍光ピンク色で、一枚が薄いラザニアのように積み重なった状態で入っています。

紙っていうより薄いミニ石鹸って感じです。

使ってみました!

 

普通の石鹸と同じように汚れが良く落ちて泡もきめ細かいです・・・。小さいので財布にも入るサイズでキャンプとか持ち運びに便利そう。

写真では一枚の紙せっけんの1/4程度しか使用していないのですが、石鹸としてもお役目を果たしております。

なんというポテンシャルの高さ 紙せっけん・・・侮っていました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)